中国株良し、豪ドル円にポジティブサプライズで92円にタッチ

中国株良し、豪ドル円にポジティブサプライズで92円にタッチ

中国株良し、豪ドル円にポジティブサプライズで92円にタッチ

 

8月7日。現在午前11時過ぎ。日経平均は前日比マイナスで寄り付き、午後に控えている日銀金融政策決定会合前にじっとしていることができず、下値が広がりました。にもかかわらずクロス円は底堅く、下値は広がりませんでした。最初の動きがない状態からお昼が近づくと、前日比マイナスを推移していたクロス円がプラス圏に躍り出てきました。ほぼ動かなくてトレード出来ないだろうと思ったけど、変化があらわれてきた通貨が1つあります。豪ドル円です。91円後半を推移していた状態から92円にタッチしました。

 

めちゃくちゃ嬉しいんだけど。まさか東京時間に上に行くと思っていなかった。RBAが公表した四半期金融政策報告では2016年のGDPの伸び率が下方修正されていたけど、本日の東京時間に2年間のインフレ率を2.5%に上方修正したことが伝わると買われるようになりました。豪ドル円、これは反発を始めるかな。今日は上海株も香港株も調子がいい状態。中国良し、上方修正はポジティブサプライズで買っても良しかな。

 

日銀金融政策決定会合が控えているので、本番では買わずデモトレードで買ってみることにしました。91.98で豪ドル円を1枚注文。損切りは91.80に設定。各時間足の強い陽線を確認して買いを入れました。損切りになった場合、反発してくるようだったら再挑戦。気になるのが92円で何回も弾かれている日足。日足を見ると売りを考えてしまうけど、ファンダメンタルで考えると、これは買いだと判断。

 

果たしてどうなるのか?本番の取り引きではないから勝てたとしても実際の資産は増えないけど、上手く行った場合、自信が本番に活きてくるようになるね。不安を全部消すのは困難だけど、本番でエントリーするときの不安を少しでも減らすための練習だから、意味がないなんてことはありません。勝てる、勝てないを考えるより自信を持ってエントリーできると精神的に楽。そうなりたいから、そのためにも練習するんじゃないか。