少額FXから始めるリタイア生活

7月27日。東京時間は日経平均の下げによって米ドル円の軟調さが目立ちました。月曜日なのに東京時間だけで40PIPSも変動するほどのボラの高さでした。しかも、オセアニア通貨を上回る値幅だったのでびっくりしました。それで、いつもと違う米ドル円がどうなっていくのか観察しがいがあると思いました。それで私は、欧州時間には膠着状態になってから次第に高値に近づいてくるのかな?と予想しました。東京株式市場が終わるまでの米ドル円の安値は123.50。そして現在20時過ぎの米ドル円は123.28。大きく下げました。膠着して高値圏で踏ん張るイメージがある米ドル円も今日は転がるように下げました。日経平均が下げたことを話しましたが、下げの理由としては先週の金曜日の米国株の調子が良くなかったからです。それが受け継がれる形になったのです。先週金曜日の米国株の軟調さの記憶が残っていたこと、日経平均も軟調だったことで耐えられなかったみたいです。欧州時間で耐えるだろうと予想して外れたことで、今後のニューヨーク時間はどうなっていくのかだいたいの予想がつきました。安値からの反発はあるかもしれないけど、絶対に東京時間の高値である123.83に近づくことは出来ない。予想外の好材料が飛び込んでこない限り無理でしょう。東京時間に売られて欧州時間でも売られる米ドル円。ニューヨーク時間でも売りになる可能性が見えてきました。ニュースをチェックすると欧州株の動向が入ってきています。上海総合指数が大幅安になったことを引き継いで軟調推移しています。原因は欧州の事情ではなく中国でした。ユーロ円だけが前日比プラスで高値と安値の中間の位置を推移していて、他のクロス円はリスク回避の動きです。みんな狂ってしまっている。先週の金曜日から米ドル円が混乱している。この中国によるリスク回避はいつまで続くのでしょう。米ドル円はどう動くのだろう?から中国のことへと考えが移ってしまいました。豪ドル円は89円後半に突入。88円はあるのか?

続きを読む≫ 2016/02/02 13:22:02

FXというのが今はとても話題となっています。
FXは、ハイリスクハイリターンではあるものの、上手くいけば、たくさん稼ぐことができる取引方法となっています。
しかし、こちらのFXは、やはりハイリスクであるということから、まず始める際にはデモ取引などを行うことが非常に大切です。
デモ取引を行うことによって、こうしたリスクなどを減らすことができるほか、さまざまなメリットがあります。
たとえば、こうしたデモ取引をすることによって、初心者の方は、FXの流れと言うものを掴むことができます。
たとえば、どのようにすれば儲かるのか、ということや、またさらにはどのように画面を見ればいいのか、ということが分かるのです。
はじめての方は、FXの画面をみているだけでは、どのように取引をすればいいのか分かりませんし、慣れるまでが非常に大変です。
また、最初から現金を投入してしまうと、分からないままに取引をしてしまうことになりますし、場合によっては大損をしてしまうという可能性があるのです。
ですので、初めにこうしたデモ取引で、ある程度練習をしておくということで、ある程度このFXがどういったものなのか、ということを掴むことができるのです。
ですので、デモ取引を行い、そしてある程度稼ぐことができるようになってから、現金を投入することにより、リスクを減らすことができるのです。
こうしたデモ取引をすることができるサイトはありますので、初心者の方は、ある程度こちらで練習をしてみて、そしてある程度儲けるようにできてから、現金を投入するようにしましょう。
そうすることで、FXにある程度慣れてから始めることができるのです。
しかし、FXなどの取引をしている人からは、「こうしたデモ取引では緊張感がないので意味がない」という意見もあります。
たしかに、こうしたデモ取引では、緊張感などがありませんし、実際にお金をかけているわけではないですが、画面などを見ることができ、また、取引方法や動きなどを見る練習になるのでお勧めです。

続きを読む≫ 2016/02/02 13:21:02

アメリカの連邦公開市場委員会(通称FOMC)は金融政策の一つである公開市場操作の方針を決める委員会のことです。日本でいう日本銀行にあたるものが連邦準備制度理事会(FRB)であり、そのFRBの理事や連邦準備委員会の総裁らで構成され、アメリカの金融政策について年に8回話し合います。アメリカの金融政策は世界経済にも大変大きな影響を与えるため、市場関係者はその内容について大変注視しています。議事要旨の発表は日本時間で深夜未明になることが多く、朝起床したら、為替相場が昨晩より大きく動いていたと経験が何度かあります。アメリカのドルは世界の基軸通貨であり、世界の他の国と違い、必要に応じてドル札の供給量を調整することができます。つまりドルを刷ったり回収したりができるため、大変有利な立場にあります。仮にアメリカが金利を利上げに踏み切ると、市場へのドルの供給量が減り、アメリカ国内のみならず、金利差で利益を出そうと世界中から資金が流れ込みます。日本の政策金利は0.10-0.25%ですからアメリカが政策金利を1%に切り上げれば、円を売ってドルを買う流れが強くなりやすいのです。こうした流れが顕著に表れるのが、高金利の新興国です。オーストラリアドルやニュージーランドドル、南アフリカランドはユーロや円、ドルに比べて高金利であるため、個人投資家に大変人気ですが、カントリーリスクや干ばつなどの天候リスクもあり、安定感に欠けるところもあるので、リスクオフになると資金が逃げやすい弱点があります。そして米ドルの方が安心感があるので、多少金利が低くてもアメリカドルに流しておきたいというのが投資家心理です。このようにアメリカの政策金利を決める会合は大変影響力があり、私のようにスワップ投資をメインでやっている投資家は雇用統計よりもこちらの方を重要視しています。そして内容が一切リークされないので、予想は立てられても、完全に当てにいくのはなかなか難しいものです。そのため対策は雇用統計と同じになりますが、できるだけ含み益は確定し、直近のポジションは解消しておくのがよいでしょう。

続きを読む≫ 2016/02/02 13:21:02